神待ち掲示板に「今夜泊めてください」と書き込めば泊め男が見つかる

思春期の女子中高生にありがちな反抗は「家出」です。
少しでも思い通りにならなかったり、自分への理解を得られないとなると、あっという間に家出に走ります。
しかし、家を飛び出したものの、行くあてはありません。
最近ではご近所付き合いがありませんから、近所の人を頼れません。
かと言って、友だちの家に泊まると、親に電話されて連れ戻されてしまいます。
また、親戚との付き合いもあまりなく、ましてや都会の子ならなおさらわざわざ田舎の親戚を頼るようなことはしません。
そうなると、赤の他人に助けてもらうしかないのです。
そこで利用するのが、「神待ち掲示板」です。
「今晩泊めてください」と書き込めば、大勢の男たちが手を上げます。
その男たちの中から、今夜の寝床を選ぶわけです。
もちろんタダではありませんから、男たちには様々なことを要求されます。
このように軽率な家出で見ず知らずの男性に性的奉仕をしなくてはいけなくなれば、なんとも言えない気持ちになってしまいます。

関連記事